・さらなるアイデアが溢れ出すシェアオフィス。

・アイデア、情報をシェアするシェアバンク。

・人間が無理のない持続可能なライフスタイルを共有し、想像し合うコミュニケーションスーペース。

◆◆◆◆◆ 代表から一言 ◆◆◆◆◆ 

神奈川県は二宮町という人口3万人弱のどこにもありそうな、シャッター街が立ち並ぶ小さなマチ。マチには、海と山という素晴らしい環境がすぐそこにあるのですが、平日の昼は、 ほとんど駅前なのに人影がさほどありません。あるのは都市へ向かう通勤ラッシュの時間だけ。

都市一極集中による地方産業低迷は今、 日本の各地いたるところで起こっている状況だと思います。自分の店舗や企業だけ潤っても、街全体の産業が復興していかないとなかなかこの問題を根本的に解決していくのは困難かと思われます。昼間の時間をいかに有意義に使ってもらえるか?この都会からそれほど遠くない自然が溢れる地方のマチを有効活用できないか?マチや商工会、観光協会も様々な取り組みをしていると思いますが、官主体ではできることが限られてしまう。企業や学校、人を引っ張ってくるのにはお金がかかりすぎる。財政的に厳しい地方都市は補助金という注射頼りで中々平日の底力を取り戻せないというのが現状かと思われます。何よりも外から人を呼ぶだけの魅力がたくさんあるのに広報がターゲットを絞って宣伝する対象が地元近隣に限られてしまう。

でも今地方の自治体の動きが変わり始めているのをすごく感じます。気合い入り始めてますよね。企業の現状は業種によると思いますが、従業員の席を持たないオフィスが都市部では多くなっているようです。満員の電車に揺られ、疲れた表情で都会のオフィスに向かう人々。このあたりまえのようなライフスタイルそのものの導線を自然あふれる場所で、ストレスが少ない都会からは少し離れたオフィスにシフトさせ、自然と戯れながら、そこから想像力を膨らませ、そして人生そのものの美しさ、厳しさ、喜びを享受し共有していけたらどんなに素晴らしいことか。

 

そんな時代に、 新たなキッカケを与え、 都市と地域の関係を画期的に変えられれば、今、 日本中で起きている、同じような現象に新たな光を差し伸べ、人々が都会の中の檻から飛び出し、 生き生きとしたライフスタイルを創り上げることができるのではないか。そして、これが新たなモデルとして地方に活力を与えていくことができたらこれからの人々にどんなに支えと励みになるか。

そんなことを皆でシェアしこれからのシェア時代のライフスタイルの中にキャンプしているようなワクワクする気持ちを持ち込み、自然から多くを学び、新たな価値観を共に創り上げていけるよう皆さんで手を取り、共有、シェアしていきましょう。


▼shairffice THE CAMPで、できること。

デスクワーク、書類作成、ミーティング、

休憩、ウェブ制作、資料作り、請求書&領収書発行、

グラフィックデザイン、ランチ、ファックス、アート

経理処理、メール返信、企画書作成、充電、A3サイズスキャン、

A3プリント、コピー、チラシ作り、ラミネート、

映像編集、音楽編集、仲間探し、レッスン、講演会、セミナー

プラモデル作り などなど